PRSH「PRSH for Windows®」(PRSH)は、Microsoft Windows®に標準搭載されているrshコマンドをベースにパトライト独自のコマンドオプションを付加し、ネットワーク監視表示灯「NHシリーズ※1」を用いた運用を、簡単に支援する為のコマンドプログラムです。

「NHシリーズ」をrshコマンドで制御する際、OSに標準実装されたrshコマンドでも利用可能ですが、更に機能を拡張させたい場合、OS標準のrshコマンドによる、不具合等で表示灯が制御できない場合は、PRSHのご利用をお奨めします。

PRSHのコマンドオプションを利用する事で、アラートの一斉発生と通信エラーが起因によるrshコマンドのフリーズ現象を回避させたり、ネットワーク上に存在する他の「NHシリーズ」を検索したり、これまでWEB画面上でしか確認のできなかった表示灯のログ情報も、簡単に呼出してファイルにする事も可能となりました。

一部のWindows® OSは、標準のrshコマンドが実装されていない為、PRSHが必要となります。



制御コマンド

拡張機能(コマンドオプション)

【alert】
表示灯の点灯点滅やブザーの吹鳴を制御します

【ユーザ指定】
表示灯に対してコマンド実行を許可するユーザ名を指定します

【応答待機時間】
表示灯から指定時間の応答がなければ、実行コマンドを終了します

【status】
表示灯の現在状態を取得します

【表示灯の検索】
ネットワーク上に存在するNHシリーズを検索します

【リトライ回数】
コマンド実行に失敗した際のリトライ回数を指定します

【clear】
表示灯動作を一斉クリア(消)します

【ログ情報呼出し※2
表示灯内部に蓄積されたログ情報をDOS画面上に呼出します

【簡単SNMP※3
rshの感覚で、SNMP setコマンド制御が可能です

【test】
表示灯の動作確認を行います

【リスト制御】
リスト化された表示灯IPアドレス情報に対して一斉にコマンド実行を行います

【シングルポート通信※2
通信ポートを1個だけ使い制御を行います



PRSHのコマンド記述方法は、基本的に標準実装の rsh を用いた時とほぼ同じです。
コマンドの先頭を rsh ⇒ prsh に変更するだけで、それぞれの制御コマンドをそのままご利用いただけます。
----制御コマンド例---------------------------------------------------------
・表示灯IPアドレス=192.168.10.1
・ログイン名=root の場合

【PRSH コマンドでalert制御】
■ alertコマンドで赤点灯の場合
prsh 192.168.10.1 -l root alert 100000
■ alertコマンドで、前の状態を維持したまま黄点滅の場合
prsh 192.168.10.1 -l root alert 929999

【表示灯検索】
同一ネットワーク内に居る他のネットワーク監視表示灯を検索し、コマンドプロンプト上に表示させます。
リダイレクトでテキストファイルに書き出し保存する事で、リスト制御による一斉制御用ファイルとして利用できます。
■ 192.168.10.1〜255の間でNHシリーズを検索し、IPアドレスで表示します
prsh 192.168.10.1 search 255
■ 192.168.10.1〜99の間でNHシリーズを検索し、IPアドレスで表示します
prsh 192.168.10.1 search 99

【制御時刻指定】
prshを制御するPC・サーバ端末の時刻管理により実行を行います。(hhmmss/時分秒に置換えて24h方式で指定)
■ 08時30分00秒に表示灯の赤を点灯させる場合
prsh 192.168.10.1 -l root -at 083000 alert 100000
■ 19時00分00秒に表示灯をクリアさせる場合
prsh 192.168.10.1 -l root -at 190000 clear


【SNMPモード※3
記述が複雑なSNMP setコマンドを、rsh の手軽さのままで実行する事ができます。
(見た目はrshですが、プロトコル上はSNMPの為、UDP制御となります)
■SNMP setコマンドで赤・黄・緑を点灯させる場合
prsh 192.168.10.1 -l(コミュニティ名)-snmp alert 111000

(他にも、上記表に記載されたコマンドオプションをご利用いただけます)



製品名称

PRSH for Windows®

対応OS
製品ファーム
ウェア1.05

Microsoft®
Windows 2000  Professional (32bit OS)
Windows 2000  Server (32bit OS)
Windows 2000 Advanced Server (32bit OS)
Windows XP   Home Edition (32bit OS)
Windows XP   Professional (32bit OS)
Windows Server 2003 Standard Edition(32bit,64bit OS)
Windows Server 2003 Enterprise Edition(32bit OS)
Windows Vista (32bit OS)
Windows Server 2008  各Edition(32bit,64bit OS)
Windows 7  各Edition(32bit,64bit OS)
Windows Server 2012* Standard Edition(64bit OS)
Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit OS)
Windows 8*(64bit OS)
Windows 8.1*(64bit OS)
Windows 10*(64bit OS)

*は、PRSH のVer.1.05以降で対応

対応製品

MP3再生ネットワーク監視表示灯
NHL-xFV1・NHP-xFV1・NHS-xFV1 ※3
x:表示灯段数により値が異なります
ネットワーク監視表示灯
Signal Tower NHL-xFB1・NHP-xFB1・NHS-xFB1 ※3
x:表示灯段数により値が異なります
ネットワーク監視表示灯
Signal Tower NHM-3FB・NHE-3FB・NHC-3FB ※2
製品ファームウェア更新は無料で行えます
インターフェースコンバータ
NBM-D88
※一部機能は制限されます
インターフェースコンバータ
PHN-D88
※一部機能は制限されます
上記対応製品のファームウェア更新は無料で行えます
更新方法はこちら(→サポートページ)

価格

オープン価格

製品媒体

CD-ROM 1枚

製品形式

PRSH-WIN1

ライセンス

PRSH制御PC1台に付き1ライセンスコード

購入方法

弊社製品販売代理店各社様 もしくは・・・
  ※1 NHシリーズは「NHM」「NHC」「NHE」と「NHL」「NHP」「NHS」
  ※2 「NHM」「NHC」「NHE」でご利用いただく場合は、製品ファームウェア1.04以降でご利用いただけます。
  ※3 「NHL」「NHP」「NHS」で、「簡単SNMP」制御を行う場合、点滅とブザーの吹鳴パターンに制限があります。
    alertコマンドで、点滅コマンド値:3、及びブザーコマンド値:3・4は動作しませんのでご注意ください。