プログラム修正に伴うファームウェア アップデート(推奨)のご案内

ご利用中の製品ファームウェアを更新いただく事で、より快適に製品をご利用いただく事が可能でございます。
また、お客様登録をいただく事で、製品に関する更新情報なども、当社より自動的に配信させていただく事も可能です。是非お客様登録をご利用される事をおすすめ致します。

ファームウェアのアップデートには、最新版の設定ユーティリティソフト「PHN Manager Ver.1.4.6」が必要です。事前にダウンロードの上、PCにインストールを行ってください。
作業の前には必ず、「PHN Managerオペレーションマニュアル」をダウンロード後、確認の上で手順に従い作業を行なってください。(PHN Manager はWindows(r)XP・2000 OSに対応しています。)

ファームウェアをアップデートする場合、事前に本体の設定情報をメモ等に保存してください。
ファームウェア更新時は必ず、を参照し、正しい手順で作業を行なってください。
アップデートの作業中は絶対に製品本体の電源を切らないで(コンセントからACアダプタを抜かない)、通電状態を維持してください。また、製品本体からLANケーブルを取り外さず、通信状態を維持してください。これらの状態が維持されない場合、ファームウェアのアップデートが正常に完了せず、以後の動作に支障をきたす恐れがあります。
ファームウェアのアップデート作業は、お客様の自己責任で行ってください。

PHN-Manager
ver.1.4.6
PHN Manager ダウンロード
「PHN-3FB/PHN-3FBE1
PHN-D88・PHN-R・PHN-S」共通

PHN-Manager オペレーションマニュアル T95100184-C.pdf
PHNmanagerマニュアル
PHN-Manager
Ver1.4.6対応

更新日2012.2.27

最新ファームウェア情報【最新バージョン 3.1.7】

対象製品:インターフェースコンバータ PHN-3FB-RYG
【PHN-3FB/PHN-3FBE1型】
ファームウェア更新対象バージョン:1.0〜3.1.4 (PHN Managerの設定画面で確認ください。)

ファームウェアの更新時は、ご利用中の型式及び、対象バージョンを必ずご確認ください。
対象外の製品に適用した場合、予期せぬ動作を引起す可能性がありますので、ご注意ください。

【バージョン3.1.7での変更点】
・マルチキャストパケットを受信したとき、誤ったIPアドレスの情報を 返信してしまう点を改善し、返信しないようにしました。

【バージョン3.1.4での変更点】
・接続切替:有、通信監視:有に設定した際に、接続切替え後、設定した時間通りに監視を行わない点を改善し、設定した時間通りに監視するように致しました。

・通信監視:有、データポートと監視ポートが異なる設定をした際に、監視ポート切断前にデータポートを切断すると、以降、監視ポートが接続できなくなる点を改善し、正常に監視ポートが接続できるように致しました。

・通信監視:有、データポートと監視ポートが異なる設定をした際に、切断時には監視ポート/データポート共に切断要求を受けたポートのみ切断するように致しました。切替え時には切替えを受けたポートのみ切替えるように致しました。

・接続切替:有、通信監視:有、データポートと監視ポートが異なる設定をした際に、新たに接続をした接続に対して監視しなくなる点を改善し、新たな接続に関しても監視するようにいたしました。

・接続切替:有、に設定時、新たに接続された機器に対して返信をしない点を改善し、新たに接続を切り替えても必ず返信するように致しました。

・UDP通信機能を付加いたしました。

ファームウェアダウンロード【最新バージョン3.1.7】

ファームウェアのダウンロードはこちらから
インターフェースコンバータ PHN-3FB/PHN-3FBE1型 専用ファームウェア
【Ver.3.1.7/3.37MB】
ダウンロード

対象型式を確認の上ダウンロードを行ってください。